BAMUのつぶやき

日本人だから感じること・・・

コロナ騒ぎに想う

f:id:yamamoto-awara:20200502174643p:plain

コロナウィルス


緊急事態宣言が延長されるという。

終息が見えない以上、仕方のない措置だと感じる。

経済がどうなるのか・・・?などは、全く庶民には関係のない事だ。

人類として生き残ることが、今は必要なのである。 

 

もし造物主がいるのなら、そしてそれを神と呼ぶのなら、

今回のようなコロナウイルスが蔓延しなかった筈だろう。

なぜなら、「神」は絶対で間違いがないという事だからだ。

今回に至るまで、「神」は何度も私達にメッセージを送っていたはずである。

事実、アメリカのある細菌の研究所では、

約1年前に「コロナウィルス」を発見していたのにもかかわらず、

このような事態は誰一人と考えることが出来なかった。


そう私達人間は、神がお作りになった物なのだから、

その人間を、罰することは無いと思うのは自分だけだろうか・・・?

神はいつも、1点の曇りもない心で、全てを把握し、

愛と許しを持って私達のそばに居られるのだと、信じている。

 

人間の愚かさも、神は知り得ている。

今回の事も、神は歴史には織り込み済みのことなのだろう。

そう、
今回の事は、私達人間に原点に戻るようにと、メッセージを送っているではないのか?

 

自分は神も仏も、すべて同じであると考えている。

どちらも弱い人間が生みだしたものだと思うからである。

 

疫病との戦いは、人類への新たな宿題なのかもしれない。

この地球上で頂いた生命のひとつとして、

今までと同じように自然との闘いを繰り返し、

科学の発展により、いつしか自然への感謝を忘れている人類への忠告が、

今、問われているのである。

 

歴史上、人間同士の醜い争いは影を潜めながらも、「生きる」という根本を、

改めて教えて頂いているのだと、そう感じるのである。

生きていることが「普通」ではなく、すべて「神」のご意思と、ご加護があったから、

今まで続いてきたのではないのか。

そしてこれからも続けていくためにも、人間は自然との闘いを忘れてはならず、

その中に、自然との共存を考えることも大事なのではないだろうか。

今生きているということ

f:id:yamamoto-awara:20200208133004j:plain

牛頭天皇のために・・・

 

毎日同じような時間を過ごして、生きている自分がいる。

コロナウイルスの事件に日本社会が動かされていると感じながら、いま元気で生かされている自分を見つめ直して生きているのである。

 

人間社会、日本という社会、そこで自分という人間が生かされていると感じる毎日である。

令和になり新しい年を迎えても、自分の周りは何も変わってはいない。

嫌、この社会は、日に日に変わっているのだが、分からないだけなのかもしれない。

 

生きていくには、この社会と何処かで交わっていかないといけないのだが、それを拒んでいるのではないか、何処か心の奥底にいる自分自身が・・・

 

他人と自分、その理屈を知って何年生きてきたのだろう。

 

他人に騙され裏切られた寂しく悲しい経験も、生きて来たから味わえてものである。

 

友情も愛情も他人を信じていたから味わえたものであり、ひとり寂しく生きて来たならば、感じる事は出来なかったであろう。

 

人を信じるということが、もしかしたら自分の全てだったのではないか。

 

自分もそうだが、生きていくには欲望という、利己的にものごとを感じ進めていくことが必要だと思っていた。

 

自利多利という考え方が、実は今の社会を考えその問題点を解決するヒントになっている。

これを考えるといつも芥川龍之介の「蜘蛛の糸」という小説を思い出す。

 

自分さえ良ければいいという考え方を持つだけで、今の社会問題は全て理解できるような気がする。

 

ただそれは、今の時代の・・・という前提の上でである。

 

環境問題や人口問題、そして紛争問題など、全て今の時代を一緒に生きている人間の問題なのである。

 

人間の造物主がいるならば、今の世の中をきっと嘆いていることだろう。

想い出は消えない

何を覚えているんだろう

人が死んだ時、思い出す事は何かあるのだろうか

人との想い出は 何なんだろう

出会い、ケンカしたこと 楽しい想い出

何を覚えてくれてるだろう

自分と君は 何を想い出すんだろう

忘れてない事は 何があるんだろう 死ぬ間際まで

出逢った時の事 ケンカした時の事 楽しかった時の事

生きている時は 感じた事がなかった事

それが何 それは何故 そして何を

 

死んでしまえば 死んでしまえば 死んでしまえば

全て終わりと言えるの

明日がない事が 解った時 何を考える

何を考えるの

想い出はいっぱいあるのに

いつまで残るんだろう

生きていることを感じる日

f:id:yamamoto-awara:20191215225707j:plain

がっっこう舎


ちょっと連載はお休みします。

というか、ネタの整理中でネタ切れにはまりました。

今日は考え中という事にしておきます。

 

クレオパトラの涙」を書いていると、いろいろな事が浮かんできて、

集中できない自分がいます。

もうちょっとのんびり書きたいのですが、書く事を辞めると、

自分がすべてに対してダメになりそうなのはなぜでしょうか。

だれか、教えて下さい。

まぁ、そんな事があるのは、一回や二回ではないので、やっぱり自分には才能がないと確信できる日が今日なのかもしれません。

でも、書きたい事はたくさんあるので、また書きます。

 

きのうは14日、あの忠臣蔵の日

でも、

12月14日には違う想い出があります。

高校時代、慕っていた友人が授業中に亡くなり、そのお母さんの誕生日だったのです。

お母さんを励まそうなんて、子どもじみた考えで仲の良かった友人たちで企画して集まり、

高校生のくせにお酒を飲んで大パーティをしたんです。

今は時効だから言うのですが、たばこと酒でどんちゃん騒ぎ。

ついでに女の子も呼んでもう無茶苦茶。

あれから、もう40年以上たっても、彼の事は忘れません。

若い青春時代に命を落とすって事の、辛さと悲しさも、

一生忘れられないと思っています。

それは今も同じです。

毎年彼の誕生日がくると、彼より、今年も長く生きているって、いつもそう感じています。

ただ、お母さんを励ます事より、自分たちが楽しみたかっただけ・・・なんだという気がしてるのは、還暦を過ぎた今になったからだけかもしれませんが・・・

 

 

『連載中』 ~クレオパトラの涙 ⑤~

「三、二、一、スタート!」
和尚の考えだした発電機は静かに作動し始め、研究室の明かりは、いつもより増して明るくなったような気がした。
和尚は大喜びで
「ヒデキ君、大成功だよ、ありがとう!」と叫んで俺を抱きしめ、俺も大満足して和尚を抱きしめ返した。あこがれのカオルさんの入浴シーンを見る事ができた感激も、ここに含まれていたのだ。こんな事でもなければ男と抱き合う事なんてもうありえないと感じた俺だった。

 「この機会の名前は『エレキテルサターン』にしようと思う。」と和尚は言った。エレキテルと聞いて、江戸時代の発明家平賀源内の名前が頭に浮かんだ。

f:id:yamamoto-awara:20191210223756j:plain


 でも源内の事で知っている事と言えば、土用の丑の日にウナギを食べる風習を作ったということぐらいだったが、ウナギ屋さんはそのおかげで大儲けができ、源内はウナギ屋さんからどれくらいのお礼を受け取ったのだろうなどと考え、和尚は俺に幾らお金をくれるのだろうと頭の中でソロバンをはじいていたのである。そんな俺を尻目使いに、和尚は涙を浮かべ話し始めたのだった。
 「クレオパトラの涙」は、カオルさんのおじいさんとおばあさんのハネムーンのお土産だったのだ。カオルさんのおじいさんは和尚の二歳上で、和尚にとっては親友であり、良き理解者であり指導者であり、素晴らしい先輩だったそうだ。カオルさんのおばあさんに片思いだった和尚は、その二人の結婚は悔しく嫉妬はしたが、最期はお似合いのカップルだとエールを送ったのだった。そんな二人からのお土産だったから大切に仕舞っていたのだが、ある日、「クレオパトラの涙」は十字架で黒くなっていく「悪魔の石」であると聞き、驚いた和尚がカオルさんのおじいさんに話したところ、彼は不吉な石で申し訳ないと謝り、歴史学者の彼は、近いうちにエジプトに行くからこの石も、故郷のエジプトに捨ててくるということになったのだ。でも悲劇はそこで起こってしまった。

 テロ集団が観光地を襲い、銃撃戦が起こるという悲惨な事件だった。そこでカオルさんのおじいさんは事件に巻き込まれ命を落としてしまったのだ。それを聞いた和尚は、只々仏壇の前で手を合わせることだけしかできなかったそうだ。数日後、遺品を持って和尚のところへカオルさんのおばあさんがやって来て、こう和尚に言ったそうだ。

 「彼の好きなエジプトで命を落とすということは、彼にとっては幸せなことだったと思っているのです。今回の事件では、彼だけでなく多くの観光客が犠牲になりました。たくさんの外国人がエジプトで亡くなるということは、クレオパトラが待ち望んだ『幸せな国』を創ってほしいという彼女の願いを、私に訴えていると感じているのです。」そう言って「悪魔の石」を和尚に託したそうです。

 和尚は、その石を仏壇に飾り、経を唱え出した時、その石はピンク色に輝きだし、それを見た事で平和への願いを強く持ったのだという。
そんな石は本当に平和のために役に立つのか?と、今回の成功に疑問を持ち出した時、和尚がこう続けた。
「ヒデキ君、この『エレキテルサターン』は愛で出来ているのだよ。」
「愛・・・??」
チンプンカンプンの俺に和尚はデータ表を見せてくれた。その表には、毎日俺が何を食べていたのかということや、天気や気温はもちろん、その時に見たエロ雑誌の名前、学校での様子、その日の精子がつくった電気の量や電圧などなど、こと細かく調べられていたのだった。
「ヒデキ君のお母さんに頼んで、毎日献立を考えてもらい体調や食の進み具合などを教えてもらっていたのだよ。」
「え~~っ」
「データをとりはじめて、ヒデキ君がギョウザやニンニクの利いたものを食べた時は発電率が悪くてね、お母さんに頼んでニンニク料理は避けてもらったり、学校での様子はコウヘイ君やセイキチ君に教えてもらっていたのだよ。そして、強い精子が欲しければ一番刺激的なものがよくて、ヒデキ君にはカオルちゃんのヌードだと教えてくれたのも彼らなのだよ。」
おれはあっけらかんとした気持ちでその話を聞いていた。俺の知らない所でこの計画は進んでいたのかと、ちょっと悔しい気持ちも生まれていた。
「でも一番大変だったのが、そのカオルちゃんのヌード撮影だった。カオルちゃんのおばあさんに話を持ち掛けて、お父さんお母さんの了解は何とか貰えたのだが、当の本人がウンと言ってくれなくて・・・」
そりゃ当たり前だろ、嫁入り前の高校生が同級生に裸を見せる訳だから・・・と思っていたら和尚はこう続けたのである。
カオルちゃんは、ヒデキ君の事を好きでたまらない女の友達がいるから、その子の事を思ったらできないと言ったのだよ。」

(つづく)

『連載中』 ~クレオパトラの涙 ④~

「こんにちは」
「おうヒデキ君おかえり~待っていたよ・・・」と何とも明るい声で答えてきた。俺がこんなに疲れながらも学校へ行っていた事も知らないで・・・などということも、全く考えていない和尚は研究の成果を話し出して来た。
 最初の精子を使って発電したところ、今までで一番の電圧を得られ、若い俺の精子に感激したらしい。たが、順に電圧が落ちて来て、研究には新しい精子だけを使おうと決めたという。

 そして部屋を暗くしたときのほうが電圧は高く、六時間経つともう電圧計の針は動かなくなったという。そりゃぁ当たり前だと俺は呟いた。そんなにいつまでも元気に動く精子なんかあるわけないと思ったからだ。ところが、和尚はこう続けたのである。
 「もう精子は動かないから死んじゃったのだと思って、『精子にもご加護を』という気持ちから、十字架を近づけたところ、石は黒くならず緑色に輝きだした。驚いてすぐに袈裟を近づけたらピンク色に変わり、そしてまた電圧計の針が動き出したのだよ。」
俺は開いた口がふさがらず、「何だそれじゃ避妊具の扱いには注意しないといけないじゃないか・・・」と元気すぎる自分の精子に複雑な感動を覚えた。

 それに、仏さんに使える身のくせに、神にご加護を求めるなんて不謹慎じゃないのか、とも思ったのだった。
 そしてこの日から、毎日試験管一本だけ精子を置いて帰ることになった。俺としては疲れが少なくて済むから良かったのだが、何日か過ぎた頃、同じ雑誌ではマンネリ化してなかなか精子が取れないと愚痴をこぼすと、和尚は新しい雑誌を買って来るようになった。バイト代はもらえなくても、これなら許せるなと感じた俺だったのである。
そのような生活が何日間か過ぎた日の事、和尚が俺に変な機械を見せたのだ。

 土星の模型のような形をしていて、真ん中に「クレオパトラの涙」があって、その周りにやや大きめの土星の環と呼べるものがあったからだ。
「これは何ですか?」
「究極の発電機と呼べるものだよ。」と真剣な顔で和尚が言った。
「発電機・・・、いよいよ実用化の第一歩なんですね・・・」俺はやや興奮気味に応えてしまった。
 土星の環の部分には輪袈裟が利用してあって、その輪袈裟は筒状で出来ていた。そうか、ここに精子が入るんだなと直感で理解できたのだが、あまりにもコンパクト過ぎて、キャンプ用の発電機ぐらいにしか見えなかった。すると和尚は、
 この輪袈裟は二本の管で出来ていて、約六時間で疲れてしまう精子の予備管として切り替えることができ、自分で発電してタイマーを動かし、自分で切り替えるという仕組みになっているという。だからほぼ永久的に作動すると教えてくれた。
凄い!この和尚はただのエロ坊主ではないんだ、なんて最感激してしまったのは言うまでもない!
 「もうこの研究室の配線は終わっているから、今日、ヒデキ君がこの輪袈裟管に精子を入れた時から、この研究室の電気料は無料となるわけだ。」とやたら「無料」という言葉にウキウキ感が出ていたように感じた。
 「さぁ、元気な精子を頼むよ。今日は特別素敵なものを見せてあげるから・・・」
そう言ってパソコンで一本の動画を見せられたのだ。それを見た俺は、人生最大の驚きで心臓が破裂しそうだった。
 その動画はなんと、憧れのカオルさんの入浴シーンなのだ。そして時折カメラ目線で微笑む、たまらなく魅力的な顔がアップになるという編集までされていたのだった。
「和尚これって・・・」
「大丈夫、本人の了解はもちろん、ご両親の了解も貰っているから。」
 俺は唖然としながらも動画の再生ボタンを何度も何度も押していた。そして、いつもより量も多く、気のせいか生きの良すぎるような精子を和尚に提供できたのだった。

(つづく)

f:id:yamamoto-awara:20191210223042j:plain

無断借用ゴメンナサイ